マンション投資に失敗しないためには|注意点を知っておこう

集合住宅

双方にメリットがある

女性

賃貸住宅で部屋を借りて暮らしたいけど、連帯保証人になってくれる人がいないという場合は、ぜひ「家賃保証」というシステムを利用してみるといいでしょう。家賃保証とは、連帯保証人の役割を保証会社に委託するシステムのことです。連帯保証人というのは、住宅を借りる本人が何らかの原因で家賃が支払えなくなってしまった場合、代わりに責任を負わなければなりません。そのため、身内や友人などにも頼みづらく、引き受けてくれる人もなかなかいないでしょう。しかし、家賃保証システムを利用することで、保証会社がその役目を担ってくれるわけですからとても助かります。最近では、高齢化社会の影響もあり、身寄りのない高齢者や連帯保証人になってくれる親族がいないという人も多いでしょう。家賃保証サービスだと、そのような人々でも安心して賃貸住宅を契約することができるのでとても便利です。

家賃保証サービスの最大のメリットは、家賃を滞納する心配がないということです。保証会社にあらかじめ家賃を支払っておくので、万が一支払いが難しくなった場合は立て替えてもらうことができます。借りる側、貸す側の双方にとってメリットがあるシステムなので、導入する物件も多くなっています。また、家賃保証サービスを取り入れることで、現在の家賃や諸費用の金額が妥当のものなのか管理側が見直すきっかけにもなります。妥当な金額に設定することで、入居を希望する人も増えることでしょう。管理側としても、空き室のリスクをなくすことができるので助かります。